GENICが誇る最強の組織開発の手法、それが『チームコーチング』

チームコーチングとは?

『チームコーチが、プログラムをリードするとともに、プログラム中に起こる出来事のプロセスに介入することを通して、グループメンバーの関係性に変化を起こし、成果を創るチームへと変貌させる組織開発の最新の手法です。

チームコーチング5つの特徴

チームコーチングの5つの特徴

  1. チームコーチングは、グループをチームへと変貌させます。
  2. チームコーチングは、組織のあらゆる目標の達成へと導きます。
  3. チームコーチングは、組織のあらゆる課題の解決に役立ちます。
  4. チームコーチングは、業種や分野を問いません。
  5. チームコーチングは、失敗することがありません。

チームコーチングは、グループをチームへと変貌させます。

グループとチームの違い

グループ

ある共通項をもつ集団。

グループの特徴

  • 目的を問わない、目的が無い
  • 目標を持たない、目標が形式化している
  • 結果を問わない、結果にこだわらない
  • 人数に制限がない
  • 簡単に作ることができる

「チーム」と名付けられていても、その大多数が「ワーキンググループ」です…

チーム

メンバーが目的を共有し、自ら考え自ら決断し自ら行動する少人数の集団。

チームの特徴

  • メンバー全員が、目的を深く理解している
  • メンバー全員が、戦略と戦術に合意している
  • チーム全体の結果に、ひとりひとりが責任を持っている
  • 少人数であること(5人~15人程度)
  • 作ることが難しい

「チーム」は、高確率で成果を創ることができる!

チームコーチングは、組織をあらゆる目標の達成へと導きます。

チームコーチングは、自分たちの存在する意味・目的を深く探るところからスタートします。
強力な動機付けとなり、目標へ向かうパワーとスピードを得ながら進みます。

いわゆる『心に火がついた』状態です。

チームコーチングは、組織のあらゆる課題の解決に役立ちます。

前述のとおり、強力な動機をもったチームメンバーが、課題解決への覚悟を決めることを促進します。

いわゆる『尻に火がついた』応対です。

チームコーチングは、業種や分野を問いません。

チームコーチングは、研修や会議ではありません。組織の目的やビジョンを実現するための取り組みをリード・支援するときに生まれる、チームコーチとメンバーのかかわりそのものがチームコーチングです。

したがって、業種・分野を問わず対応することが可能となります。

チームコーチングは、失敗することがありません。

私たちチームコーチはクライアントを勝たせることにコミットしています。チームの勝利を最優先事項として、メンバーと本気で関わります。失敗しない=必ず変化を生み出す、と私たちは覚悟をもってチームコーチングを実施します。

チームコーチングと他の手法との違い

チームビルディング
との違い
チームビルディング 『体験型プログラム』 メンバーで様々なゲームやワークを行うことを通して、チーム創りを体験する
チームコーチング 『実践型プログラム』 組織が抱える課題・達成したい目標・実現したいビジョンなど、ビジネスそのものをテーマとして扱うため、成果に直結しています。チームコーチングにおいてチームビルディングは、その過程(プロセス)に過ぎません。
研修との違い 研修 勉強する(Study)

勉強するという行為そのものに重点を置いている。

一定水準の知識・情報を、多人数に効率的に与えるには効果的な手法。

チームコーチング 学習する(Learning)

習得することに重点を置いている。

学ぶ=行動パターンを変える、という概念。

コンサルティング
との違い
コンサルティング 改革型OD コンサルタントが、組織の分析・診断を行い、組織を「変える」ために、課題解決策を提示すること。
チームコーチング 変革型OD チームコーチが、メンバーの関係性に働きかけ、組織が自ら「変わる」ために、自発的なコミットメントを呼び起こす支援をすること。

※OD=組織開発。組織開発については、下記参照

つまり、チームコーチングは、
『チームメンバーが過去のパターンから脱却し、チームを形成する過程において自発的なコミットメントを呼び起こし、メンバー間の関係性と成果を同時に手にする画期的かつ独創的な手法』 と定義づけることができます。

チームコーチングの流れ

チームコーチングにより期待できる効果

  • メンバーが、①自ら考え、②自ら決断し、③自ら行動する、ことが可能になる。
  • 組織風土が改善される。
  • 経営理念や戦略が、社員に浸透する。
  • 社内のコミュニケーションが活発化する。
  • 働きがい、やりがいを持つ社員が増える。
  • 社員が会社に誇りを持つようになる。
  • 会社が好きになる。

チームコーチングにより手にする効果

チームコーチングにより手にする成果は、

  • 予め皆様が決めておく。(目標を与える)
  • チームメンバーたちが決める。(自分たちで目標を決める)

どちらのケースも存在します。
いずれのケースにおいても、チームコーチングを経験したメンバーは、目標に意味づけをすることになります。
どちらのケースも存在します。
いずれのケースにおいても、チームコーチングを経験したメンバーは、目標に意味づけをすることになります。

チームへと変貌を遂げたメンバーたちは、コミットした目標に妥協せず、あらゆることを成し遂げるでしょう。

組織開発

組織開発ODとは?

『組織の中で、個人の能力を最大限発揮するための取り組み』

 

こんなお悩みはありませんか?
  • 売上が伸びない、売上が下がっている
  • 努力しても利益が出ない
  • 戦略を立てたが、思うように実行できない
  • 経営理念が社員に伝わらない
  • 従業員がすぐ辞めてしまう
  • 管理職が育たない
  • 社員の目的意識が低い
原因は?
  • 戦略が間違っている
  • 経営理念と戦略が結びついていない
  • 社員にとって働き甲斐がなくなっている
  • 社員がお金のためだけに働いている
  • 従業員を正当に評価する仕組みがない(または機能していない)
  • 社内のコミュニケーションに問題がある

このように、組織は様々な悩みを抱え、その原因は様々で複雑化しています。
しかし、組織の課題は大きく4つに集約されているのです。

組織の4つの課題
  • 目的と戦略
  • 仕事のやり方と技術
  • 人材マネジメント
  • 人とその関係性

これまで組織に対して実施されたコンサルティングは、4つのうちいずれかひとつのみに着目しているケースがほとんどです。

組織開発コンサルティングは「人とその関係性」を常に重視しながら、組織の目標達成や課題改善の為に行う様々な取り組みです。