高校野球と企業経営

GENICの尾花です。

前回から引き続き「コミットメントのレベル」についてのお話です。

 

某CMですっかり流行語となった「コミット」ですが、コミットメントの略語であることは前回お伝えしました。

今回はコミットメントのレベルについてお話ししたいと思います。

 

 

 

イメージを持っていただきやすくするために、甲子園で優勝を目標とする高校野球チームと企業経営を結びつけてお話ししてゆきます。

 

コミットメントレベル① 甲子園に出れなくてもいい。

球児の気持ち:いくらなんでも甲子園は無理だろう。3年間楽しんで野球ができればいい。

企業経営でいえば、『生活できて、潰れなければいい。』

 

コミットメントレベル② 甲子園に出たい。

球児の気持ち:高校野球の聖地、憧れの甲子園。出たいけど、キツい練習は嫌だな。地区予選でクジ運に恵まれるといいな。

企業経営でいえば、『赤字は避けたい。良いお客さんに恵まれるといいな。』

 

コミットメントレベル③ 甲子園に出る。結果的に優勝できればいい。

球児の気持ち:甲子園に出るためにこの高校の野球部に入った。甲子園の土を踏みたい。だから、ちゃんと練習しよう。

企業経営でいえば、『計画を立てる。結果的に目標達成できればいい。』

 

コミットメントレベル④ 甲子園で優勝したい。

球児の気持ち:甲子園で全国の頂点に立ちたい。後悔しないようやれることはやる。それで負けたら仕方ない。

企業経営でいえば、『掲げた目標へ向かって、最善の努力をする。』

 

コミットメントレベル⑤ 甲子園で優勝する。

球児の気持ち:何が何でも甲子園で優勝する。高校生活のすべてを野球に捧げる。

企業経営でいえば、『今期目標を必ず達成するために、できることはなんでもやる。』

 

皆様の所属する組織、組織のメンバー、そして皆様自身の意識レベルはどの段階にあるでしょうか。

 

人生の中で、命かけてでもやる!と決められることは多くありません。

もしかしたら、そんなコミットに巡り合えただけでも幸せなことなのかもしれませんね。

 

チームコーチングは、メンバーのコミットメントをかなり高いレベルで揃えることが可能となります。

4月21日に体験セミナーを開催します。チーム創りのヒントをつかんでみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらです。↓ 先着15名様限定となっていますので、お早めにお申し込みください!

【公開セミナー】勝てる組織の作り方 ~チーム創りのヒント~ 

2016年3月10日 9:28 pm

Categorised in:

This post was written by GENIC