決算書の罠

GENIC代表の尾花です。

企業は、人・モノ・金だとよく言われます。

ヒト・モノ・カネ。

どうしてこの順番なのか?シンプルに考えてみると、答えはおのずと明らかになってきます。

 

まずは「カネ」。

企業活動を表すものとして、すべての企業に共通するものが決算書です。

決算書を見て、経営者は一喜一憂するわけです。

決算書の数字には、いろいろなドラマが込められており、まさに笑いあり涙あり、その結晶が決算書なんですよね。

 

ところが。

残念なことに、結晶である決算書には、社長の思いや、嬉しかった出来事、うまくいかなかった出来事は表示されません。

なぜなら、すべてが「円」であらわされてしまうからです。

 

最近モチベーションが下がっている社員がいる、取引先からクレームを受けた、すごく伸びた社員がいる、新しい顧客が獲得できそうだ。

企業経営において、とても重要な情報が、決算書からは欠落してしまっているわけです。

 

利益を出すことはとても大切。

しかし、数字だけで利益を追ってしまうと、大切なことが見失われてしまう可能性を秘めているのです。

 

次に「モノ」。

決算書のなかの「カネ」を生むのが「モノ」です。

物販業であれば商品。製造業であれば製品や機械。サービス業であればサービスそのものです。

 

そして、そのモノを生みだすのが「ヒト」。

人がいなければ企業や組織は成り立ちません。

個人や人間関係に問題があると、その問題はモノに波及し、カネである決算書に影響を与えます。

経営のすべての源は「ヒト」であるということですね。

 

当たり前のことなんです。

経営者なら皆、人が大事だってことには気づいています。

しかし、その「ヒト」への対処の仕方やアプローチを間違えてしまうと、良かれと思ってしたことがかえって逆効果、なんてことが往々にしてあるのです。

 

社員やメンバーに対して、どのような教育をして、どのような関わり方をしているか。

組織風土は、社員が育つ環境・仕組みを持っているか。

いま一度見直してみるとよいかもしれません。

 

うまくいかないときは、もっと頑張るのではなく、やり方を変えてみる。

意外と見落としがちなポイントです。

2016年2月23日 10:06 pm

Categorised in:

This post was written by GENIC