強いチームはなぜ強いのか?

GENIC代表の尾花です。

ここ名古屋は、暖かくなったり寒くなったりと、体調を崩しやすい天候が続いています。

周りでもインフルエンザが流行っているようです。

体調管理に加えて、ウイルスに感染しない対策もしなければいけませんね。

 

さて、本日のお題。

強いチームはなぜ強いのか?

 

私は次の3つの「差」に集約されると思います。

①圧倒的な実力差

②チームワークの差

③「勝つ」ことへのコミットメントレベルの差

 

①圧倒的な実力差

数年前、プロフェッショナル仕事の流儀という番組で、プロとは?の問いに対してダウンタウンの松本人志さんが言った言葉。

「素人に圧倒的な力の差を見せつけて勝つこと。それがプロだ。」

では、プロ同士の世界ではどうでしょう。

そもそもとてつもなく大きな実力の差はないはずなんです。

プロ野球はいまキャンプシーズンですが、解説者たちが順位予想をするのが恒例となっていますね。

ところが、シーズンを終えてみると当たったり当たらなかったり。

昨シーズンのセリーグが良い例でした。

東京ヤクルトスワローズが見事優勝を果たしましたが、シーズン前に「ヤクルト優勝」と予想した解説者はほとんどいませんでした。

つまり、プロの世界においては、

『実力差は勝敗に影響するが、最も重要な要素ではない』 というのが私の持論です。

 

②チームワークの差

これはとても大切です。

先日例にあげた、ラグビー日本代表や、甲子園で優勝する高校野球チームを見ていると、もれなくチームワークが良いと感じます。

最もチームワークが影響するスポーツって、何だと思いますか??

私は「綱引き」だと思います。

綱引きは、絶対に一人の力では勝てません。

100の力を持った人が3人集まると、その力の合計は300でしょうか?

実は違うのです。

力を同じ方向に最大限向けることができないと、100+80+90=270になってしまうこともあるためです。

本来持っている力が逃げてしまい、結果的に力をロスしてしまうわけです。

これを組織開発の世界では、「プロセスロス」といいます。

でも、安心してください。

ロス、があるということは、その逆もあるのです!

100+110+120=330。

チームワークが働き、個々がもっている力を最大限発揮したとき、個の力の合計以上の力になることがあります。

これを、「プロセスゲイン」といいます。

 

③「勝つ」ことへのコミットメントレベルの差

実力もあり、チームワークもとれている。

これだけで、勝つ確率はグンと高まります。しかし、これだけで十分といえるでしょうか?

例えば、

Aチーム → 実力は十分。チーム内の関係も良い。でも、本番前「勝てるかな、不安だな」と思っているメンバーがいる。

Bチーム → やってみなければわからない、とにかく「絶対に勝つんだ!」と気合い十分。

どちらがその場を支配するでしょうか。

私はBチームだと思います。

いま世間で流行している「コミット」という言葉ですが、コミットメントの略です。

コミットメントには、その強さ深さを示す段階があるということは、意外と知られていません。

 

人材や商材は申し分ないのに結果が出ていない企業は、②や③が原因かもしれませんね。

 

GENICが提供する、チーム力強化プログラムであるチームコーチングは、

コミットメントレベルを最大まで高め、メンバーが健全な関係を築き、チームワークと成果の両方を手に入れる、組織開発の最新手法です。

 

次回は、「コミットメントレベル」をテーマにお届けしたいと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

2016年2月24日 6:43 pm

Categorised in:

This post was written by GENIC