お見舞い申し上げます。

GENICの尾花です。

報道される熊本の被害状況をみて、胸を痛める毎日です。

犠牲者や避難者の数でははかることのできない辛さ、ダメージがあるのだろうとお察しいたします。

 

自分にできることはなんだろう。

ひとりひとりが胸に手を当てて考えることが大切です。

 

 

私たちは、いま目の前でできることをやっていく。

それが被災地へ向かうことかもしれないし、義援金や物資を送ることかもしれない。

あるいは、被災地へ向かう人を支援することかもしれない。

 

直接的な支援はできなくても、支援する人を支援する、その人をまた誰かが支援する、・・・・・・。

というように、いま一番求められているのは人とのつながりなのだと感じます。

 

そのつながりが、必ず復興へとつながる。

物質的な復興のみならず、被災された皆さまの心の復興も考えなくてはなりません。

それは、5年前に起きた東日本大震災の被災者の皆さまにとっても同じこと。

街はずいぶん復興してきてはいるけれど、心のダメージがどれほど癒されたのかはわかりません。

 

「人」に関わる企業だからこそすべきこと。

自らの使命を果たしてゆくこと。

いままさに求められている気がします。

 

一日も早く皆さまの生活に笑顔が戻ってきますように。

想いを込めて使命を全うしてまいります。

 

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

 

平成28年4月19日

合同会社GENIC 代表 尾花智明

2016年4月19日 11:25 am

Categorised in:

This post was written by GENIC